スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

★蔵の紹介★

2012.05.16 Wed
こんにちは。

GW、あっという間に終わってしまいましたねぇ。

連休明けのお仕事は、いろんな意味で大変だったのではないでしょうか・・・


さて、当蔵はGWはお休みは無かったので、たくさんの方が見学にきてくださいました

大阪の方や、長崎の方、はたまたすごい近くの蓑原町の方など。


多くの方が、蔵に一歩足を踏み入れると


『わぁ~、いいにおいがするぅ』


とおっしゃってくださいます


遠方からいらっしゃたお客様は、お土産にと私蔵子オススメの焼酎を買ってくださいました


ありがとうございます 嬉しいぃ


専務の話によると、お財布を握っているのは女性の方なので男性の方はなかなか自分の意志だけでは購入できないみたいです


大変ですねぇ・・・


先週は、嬉しいことが続きました


優等賞を頂きました『御嶽』を、


GWで福岡から帰省していた友人がわざわざ道の駅まで買いに行ってくれたり、


大阪在住の友人がネットでポチっと購入してくれたり、


ブログを見てくれた友人が、お母様が檍小学校のご出身で『檍』を購入したいと連絡をくれたり


みなさん、ありがとうございます




さて、とっても遅れましたが・・・本日は蔵の紹介をしたいと思います


当蔵は、明治四十二年創業。


初代大浦藤市杜氏以来、四代にわたり焼酎製造に携わっています。


平成二十年に、創業時から焼酎造りを行ってきた平江町から更に水が綺麗で環境の良い乙房町に蔵を移転しました。


丁度その年が創業100年目にあたりましたので、百年蔵と名付け新たに手造りの焼酎造りを始めました。


当蔵は、4人で焼酎を造っている小さい蔵でございます。


年間の製造量は、500石


1石=一升瓶100本 ですので・・・当蔵は年間一升瓶50000本製造しております


麹は、手造りの米麹 


米、芋などの原料は全て南九州産です。 


麹の種類は白麹です。


麹とは・・・


蒸した米や麦に麹菌を繁殖させたものです。


麹の種類は、米麹の他に麦麹、芋麹などがあります。


洗米から麹造りまでの工程を機械を使って行っている蔵が多いですが、当蔵のように昔ながらの手造りを守り続ける蔵もあります


焼酎には主に白麹が使用され、他には黒麹(主に泡盛の製造に使用されます)、黄麹(主に日本酒の製造に使用されます)などがあります。


白麹は、黒麹の突然変異で発見されたものです


白麹は、白いカラスや、ホワイトタイガーのようなもので黒麹とは親子の様な関係です。


仕込みは、一次仕込み、二次仕込みとも全て甕壷仕込みで製造しております。


一次仕込みとは・・・


米麹+水+焼酎酵母を混ぜ合わせることです。


混ぜ合わせたものを、酒母(さけはは)と書いて、『しゅぼ』と言います。


二次仕込みとは・・・


酒母+水+蒸した原料《芋や米や麦など》を混ぜ合わせることです。


甕壺の他にはホーロータンク、ステンレスタンクで仕込む蔵もあります。


甕壺は素焼きのため、酒質をやわらかくマイルドにしその蔵独特の風味や香りが出ると言われています。


焼酎の命ともいえる水は、霧島山系の伏流水を使用しております。


代表銘柄は、


『手造り百年蔵(芋25度)』

1800ml 1985円(税込み)
900ml 1200円(税込み)

百年蔵五号一升


『みやこざくら(芋20度)』

1800ml 1300円(税込み)

大淀の夢他 012


『大浦の玄米焼酎』

35度 1800ml 2300円(税込み)
25度 1800ml 2000円(税込み)
25度 900ml 1150円(税込み)

玄米


でございます。


観光蔵になっておりますので、宮崎県都城市にお越しの際は是非見学においでください


敷地内には、都城酒造さんの経営するイタリアンレストラン、雑貨屋さん、コーヒーショップがございますのでいろいろとお楽しみいただけますよ


雑貨屋さんにて、焼酎の試飲も出来ますので運転手さん以外の方はいろんな焼酎をお試しください

みなさまのお越しをお待ちしておりますっ





カテゴリ:未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | top↑ |

杜氏 ★祝★結婚!!!

2012.05.05 Sat
4月29日。





当蔵の杜氏こと、専務がめでたく結婚いたしました 





おめでとうございます




専務は、恰幅が良いのでとても袴が似合っておりました。 





末永く、お幸せに









本日は、そんな幸せな専務と同行しました 平成24年 熊本国税局主催 酒類鑑評会 優等賞 の受賞式について書きたいと思います









受賞式は、4月20日金曜日熊本で行われました。









朝7時に都城を出発・・・ 天候はあいにくの小雨









しかし、一時間ぐらい走った人吉あたりからお天気回復して晴れてまいりました









熊本に向かう高速道路は、貸切状態のように車がいなく渋滞知らずで順調な走り。









23個のトンネルを抜け、9時半頃熊本に着きました。







今月、政令指定都市になった熊本市はなんだか賑わっていました







受賞式の始まる一時間ぐらい前に着きそうだった為、





専務は



『あんまり早く行くと張り切りすぎと思われる』



と何度かおちゃめに呟き、結局なんだかんだで丁度始まるくらいの時間に式場に到着しました。





受賞式は、静粛な中粛々と行われました。










受賞式終了後、駐車場に向かう途中でパシャリ






お昼は、馬の石焼を食べました



受賞の嬉しさもあいまって、美味しすぎました






お腹が満腹になったところで、熊本城を見学へ。



女性武士が



『こんにちはじゃ。ようお帰りになられた。』


と迎えてくれました。








武者返しすごいっ





本丸御殿の天井もきらびやかでございました




熊本城を堪能し、専務は愛する奥様にクマもんキーホルダーを買い、都城へと帰りました



夜はお隣の Restaurant M's で 優等賞受賞 のお祝い



しびのカルッパチョ、ビスマルクピザ、ナスのフレッシュトマトソースパスタ美味しかったぁ



特にナスのフレッシュトマトソースパスタは絶品




残念ながら、このパスタはメニューには無く日替わりパスタで登場するそうです




最後のデザート、イチゴのティラミス、ブリュレ、マロンジェラートもとっても美味しかったです




たくさんの皆様に感謝しつつ、嬉しさを分かち合いながらの焼酎はまた格別の味だなぁと思った今日この頃の蔵子でした

カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

平成24年 熊本国税局主催 酒類鑑評会 優等賞受賞!!!

2012.04.25 Wed
さかのぼる事、4月6日。

当蔵に一通の郵便物が届きました 


その郵便物は、待ちわびていた熊本国税局からの郵便物。

社長は、その郵便物をあけ・・・・・


『やったーーー!!!!!』


と、雄叫びをあげました



そうです


当蔵の本格芋焼酎『御嶽(おたこ)』が、平成24年 熊本国税局主催 酒類鑑評会 優等賞 を受賞いたしました 



その時丁度、保険のセールスさんが来ていましたが空気を読まれてすぐに帰っていかれました(笑)



平成24年 熊本国税局主催 酒類鑑評会とは・・・


熊本国税局管内の4県(宮崎、鹿児島、熊本、大分)で平成23年1月以降に製造された製品を、味・香り・色の項目別に審査し、総合評価するものです。


出品された中で特に優れている製品が、優等賞を受賞いたします。



いろんな皆様のご協力のもと、このような貴重な賞を頂けた事を感謝しこの場を借りてお礼を申し上げます。



ありがとうございます


今回優等賞を受賞いたしました『御嶽(おたこ)』は、都城産の米(ヒノヒカリ)と芋(紅はるか)を使用し、


100%都城産の商品として『道の駅』都城 と 都城よかもん屋(ネット販売) 限定で販売しております。

手間をかけた全量手造り麹、一次仕込み、二次仕込みとも甕壷仕込みで製造しております 



食用でも美味しい芋を使用している為、華やかな香りと上品な味を堪能できます。



『御嶽(おたこ)』の名前の由来は・・・


都城地方は霧島連山と東岳山系に囲まれた、盆地を形成しています。


昔から農業を生業とするお百姓さんは、朝な夕な霧島山を眺め、この地方特有のお天気判断を行い、明日の農業の段取りをしていました。


その霧島山を、「御嶽」(おたこ)と呼んでいたことから命名されました。




呑み方はお湯割り、ロック両方お薦めです



是非、当蔵自慢の『御嶽(おたこ)』を呑んで見てくださいっ




よろしければ、こちらもご覧になってください





よかもん屋都城アドレス:http://item.rakuten.co.jp/miyakonjo/10000712/#10000712
 

御嶽 003


【銘柄】御嶽(おたこ)

【原料】芋

【度数】25度

【内容量】720ml(化粧箱入り)

【価格】1575円




【銘柄】御嶽(おたこ) 二升五合(ますますはんじょう)

【原料】芋

【度数】25度

【内容量】4500ml(化粧箱入り)

カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

鯉が泳ぎはじめました!

2012.04.13 Fri
こんにちは。


東京では桜が満開のようですが、こちら都城ではだいぶ葉桜になってまいりました

桜の季節は短いですねぇ。


桜の季節が終わり、蔵のすぐ側を流れる庄内川では鯉が泳ぎ始めました

鯉のぼり


最近は、風が強い為気持ちよさそうに泳いでいます。

引きでみると・・・

鯉のぼり&霧島連山


霧島連山が綺麗に見えます



先週は、嬉しい一本のお電話がありました 


檍(あおき)という焼酎を呑んだら美味しかったので、大浦酒造さんの銘柄を教えてください』

との電話。嬉しいですねぇ。もの造りをしていて、とても嬉しい瞬間でした

お客様から直接 『美味しい』 と感想を頂けるのは、もの造りの醍醐味です



檍(あおき)という焼酎は、鹿児島県の曽於市立 檍小学校創立140周年記念事業で造られました。


檍小学校の役員の方から当蔵に製造依頼があり、檍小学校の児童が学校農園で作ったコガネセンガン(芋)を原料に造った本格芋焼酎です。


あおき表

2011年10月中旬に児童達に芋を掘ってもらい、すぐに当蔵で仕込みをいたしました。

先生・役員の方がラベルデザインをされ、表ラベルは学校と周りののどかな風景の写真、裏ラベルは檍小学校の校歌という粋なデザイン


あおき裏

そして出来上がった焼酎は熟成され、2012年3月初旬に出荷していきました。



ご飲酒された父兄の皆様からは、『美味しい』と大変好評をいただきました


我が子の作った芋で出来た焼酎は、きっと格別な味がすることと思います。



このような素晴らしい企画に参加できた事を幸せに想う今日この頃の蔵子でした




カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) | top↑ |

はじめまして、新米の蔵子です

2012.04.12 Thu
みなさま、はじめまして。

今年2012年3月から焼酎蔵で杜氏のもと働き始めました新米の蔵子です。
どうぞよろしくお願いします♬

宮崎県に産まれ、実家は焼酎蔵。小さい頃から芋焼酎の香りを感じながら育ってまいりました。

就職で故郷の宮崎を離れ、静岡→東京で働いていましたが今年宮崎に戻り焼酎を醸すこととなりました次第でございます。

入社して約一ヶ月。まだまだわからないことだらけで奮闘中でございます。

そんな奮闘中の蔵子ですが、先週のお昼は蔵の近くでお花見弁当を食べました!

花見




さわやかな風が吹いて、散り桜が美しい…

とか言いつつ、ちゃっかりお勧めするお花見にピッタリの当蔵の焼酎はコレです!

みやこざくら




まろやかな口当たりで、芋の甘味・旨味があり呑みやすい焼酎です。
1800ml、1300円(税込)でございます!

お花見のお供にどうぞ♬






カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。